お金の使い方や運用に詳しくなれる?ファイナンシャルプランナーの資格とは

ファイナンシャルプランナーの資格とは

ファイナンシャルプランナーとは、金融知識を生かして、個人や企業の資産運用や設計についてアドバイスを行う職種のことです。個人の家計簿を見て、削減できるところを見つけたり、他の保険商品を提案するなどをしているところを雑誌の特集やテレビで見たことがいるでしょう。これらの業務の知識を担保する資格がファイナンシャルプランナー資格で、3級から1級のレベルがあります。頭文字をとってFPと省略されて呼ばれています。

初めて受験するなら3級から

金融、保険、年金などのことが分からないので、ファイナンシャルプランナーの資格取得を通して勉強しようとしう人は多いです。初めてファイナンシャルプランナーの資格を取るのなら、3級資格から始めることが推奨されています。ファイナンシャルプランナーとして仕事はしなくても、自宅の家計の参考にするために勉強するという女性の数は増えています。市販の書籍や通信講座を通して、スキマ時間をつかって勉強することで独学でも合格することは可能ですよ。

ファイナンシャルプランナー資格試験で持ち込めるもの

ファイナンシャルプランナーの試験は、マーク式の問題が出るので鉛筆を持って行きましょう。シャープペンシルの芯だと、マークシートを読み取るときに弾いてしまう可能性があるので、鉛筆が推奨されています。試験ではお金の計算をする問題が出題されるので、計算機の持ち込みが許可されています。しかも、パーセンテージ計算や消費税計算などの機能を持った計算機を使って良いので、計算時間の短縮になりますよね。しかし、関数計算や複利計算、ローン計算のできる計算機は禁止されているので注意が必要です。

将来に対する不安に対して的確にドバイスできるファイナンシャルプランナーはとてもやり甲斐のある仕事です。そんな仕事を目指しているのならば、ファイナンシャルプランナーの講座を受けてみると良いでしょう。