弁護士が多すぎる?!だけれども高い弁護士費用

弁護士費用と人脈が障壁

商品が市場に多く出ているときには商品価値が下がって販売されるのが一般的です。商品過剰の状態で、他の商品よりも先に販売してしまおうという心理が働き価格が安くなります。そんな市場の動きとは別な動きをしているのが弁護士費用なんですよね。最近では弁護士の数が非常に多くなり、資格を取得しても弁護士事務所に入れない人も多いと聞きます。そのため人脈も何もない状態で事務所を自分で開設したりする人も多いようですが、人脈がないと依頼もなかなかこないようです。

弁護士費用を自由に設定することができれば

一番の原因は弁護士費用は一般に決められているということですね。しかも短い時間の相談でも結構な金額が取られると聞きますので、それがひとつの障壁となり、病院ほど気軽に人が相談に訪れることも少ないようです。この弁護士費用が自由に設定できるようになれば、例えば人脈のない弁護士であっても、他の事務所よりも少額の費用設定から開始して、そこで実績を作り金額を上げていくことも可能になりますよね。もっと身近な存在にするためにはそのようなことも必要なのかもしれませんよね。

かかりつけの弁護士の存在

弁護士も数が多くなってきた今であれば、自由競争をさせて、多くの人が少額の費用で相談にこれるような環境を提供してもいいのではないかと感じます。多くの弁護士たちも、かかりつけの病院のような身近な存在でありたいと願っているようです。それであれば、障壁になっている点を排除して、まさにかかりつけの法律相談の先生になれるような環境を提供することが期待されますよね。もしそうなれば弁護士事務所は相談したい人で溢れ返るかもしれませんね。

交通事故や日常生活でのトラブルは誰にでも起こりうるものです。鹿児島県でトラブルに巻き込まれてしまったら、鹿児島の弁護士に相談すると安心できます。