ファイナンシャルプランナーが気を付けるべき税理士との業際

ファイナンシャルプランナーの確定申告代行

ファイナンシャルプランナーは主に個人をサポートするお金の専門家ですが、顧客の確定申告を本人の代わりに作成することは問題ないでしょうか?結論は、代行してはいけないです。確定申告書は本人が作成するか税理士が作成する以外には認められておらず、税理士の独占業務になっているのです。税理士法で禁止されており罰則も規定されているため、ファイナンシャルプランナーの基本的なコンプライアンス事項として認識しておく必要があります。

ファイナンシャルプランナーの税のアドバイス

ファイナンシャルプランナーが気を付けるべき税理士との業際問題としては、税における相談業務も重要です。ファイナンシャルプランニング業務を行っていると顧客から様々な質問を受けることになります。しかし、顧客がある税制の特例を受ける要件を満たしているかどうかの判断を提供すること、顧客の所得等のデータに基づいて具体的な税額を回答すること等は、税理士法において禁止されています。税制の解説や具体的数値を離れた抽象的な金額での説明にとどめておく必要があるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの税制セミナー

税制の説明だけであればファイナンシャルプランナーが行っても問題ありませんので、税制セミナー等を行うことは可能です。しかし、セミナーとセットで最後に個別の税務相談を受ける場合は、その税務相談部分を税理士と共同でやっても問題になるケースがあります。税務相談が含まれるセミナーをファイナンシャルプランナーが主催すること自体が問題なのです。そのため、このケースは、税理士主催にしセミナー講師をFPが行い、相談に同席するという形をとるといいでしょう。

人生設計の大きなサポートをすることができるcfpの資格を取りたいという方も多いでしょう。もし、そのために効率的な勉強をしていきたいのならば専用のスクールに通ってみるのがオススメです。受験対策をしっかりすることができるため、自信を持って試験に行くことができるはずです。