「異なる場面の支払い方」クレジットカードの使い方を徹底考察する

誰でもわかるクレジットカードの使い方

クレジットカードを初めて利用する方は少し緊張されるかもしれませんが、一度使うと、すぐに慣れていきます。よく「クレジットカードを使ったら大人の仲間入り」なんて言うこともありますが、そこまで大げさなチャレンジではなく、案外すんなり利用することができます。しかし、利用する前に必要な手続きや事柄をしておかないと後で手間になってしまうので、予めしておくことをまとめてみますね。ひとつは引き落とされる銀行口座を記入する「口座振替依頼書」というものを返送すること、ふたつ目は届いたカードの裏面にフルネームを書いておくことです。この名前を書いていないと、場所によっては、署名を書いてくださいと言われることもあるので注意が必要です。

町で利用する場合のクレジットカードの支払う方法

クレジットカードを利用する用途として、「店頭」と「通販」に分けられます。各町の店頭で利用する場合は、まずその店舗がカード払いが使えるかを確認する必要があります。多くの店舗は扉などに掲示してありますが、掲示していなくても利用することができる場合があるので、前もって聞いておくほうが良いです。次にいざ店舗でカードの支払いの際に尋ねられる単語があり、それは「一括でよろしいでしょうか」というもの。一括とはその合計金額をカードでまとめて支払うことをいい、通常は、一括でお願いしますといって、問題ありません。

通販で利用する場合のクレジットカードの支払う方法

通販の場合は、各町の実店舗で利用するよりも簡単に使うことができます。予め通販サイトの会員情報にクレジットカード番号を入力しておくことで、買い物カートに入れて、決算ボタンを押すだけで買い物が完了します。また、クレジットカード番号の入力の際、必ず聞かれるセキュリティコードを入力は、そのカードが他の人に使われないようにしています。カードの裏面に記載されている3桁の番号がセキュリティコードです。カードを利用する前に一度確認しておくと良いでしょう。

クレジットカードは定職や一定の収入があれば数日の審査で加入が可能となっていますので、持った事が無い人は作ってみると良いでしょう。